肩こり

日本人に多い肩こり予防策

日本人は欧米人と比べると頭が大きい割に首と方の骨格や筋肉が華奢に出来ている為「肩こり」を起こしやすいといわれます。

肩こりは日本人の定めともいえる症状ですが中年以降は骨や筋肉が弱くなるので要注意が必要です。たかかが肩コリだと思っていると痛みに変わっていきます。

肩こりの原因
・同じ姿勢 ・眼精疲労 ・運動不足 ・ストレス

 
こちらの4つが「4大原因」とされています。そのほか頚椎症や頚椎の椎間板ヘルニアなどの病気による肩こりもあります。また狭心症や心筋梗塞が、肩こりや肩の痛みを引き起こす事もあります。
 

原因と予防策

   パソコンからくる肩こり

4大原因のうちの「同じ姿勢」「眼精疲労」は、主としてデスクワークや読書、細かいて仕事などにより起こります。特に最近はパソコンによる肩こりが増えています。

  姿勢

パソコンや読書などの時に多くの方は首を少し前に突き出す姿勢になってします。また、肩を少し前にすぼめる姿勢にもなっています。こういった姿勢を取り続けることによって、首から方の筋肉に緊張性の疲労が生じ血流がわるくなり肩こりを引き起こすのです。

  予防策
まず、「同じ姿勢」を続けないようにしこまめに首や肩の緊張状態をほぐすこと!!
時々、首をゆっくり後ろに反らせたり、首や肩をゆっくりまわして筋肉の緊張をほぐしましょう。
また1時間に一度は立ち上がり手を上にブルブルとふる、軽い屈伸をするなどの方法で全身の血流を改善することも予防に繋がります。

 
 
  

細かい文字などを見続けると目やその周囲の筋肉が緊張しそれと同時に首や肩も緊張します。特にパソコンの場合、光源を見つめるのと同じなので目は常に緊張状態に陥り、まばたきの回数が減ります。その為ドライアイから眼精疲労を起こし肩こりになります。

  予防策
予防には時々、目を休ませる事が大切です。
目薬をさすだけではなく、1~2分間は目を閉じて休ませます。優しく撫でるように円を描きながらマッサージするとより効果的です。

 
 
   習慣からくる肩こり

4大原因の「運動不足」「ストレス」は日常の習慣が背景になっています。生活を見直し肩こりを起こしにくい習慣をつける事が大切です。

  運動不足・ストレス

肩こりを起こしている時の首や方は血流が悪くなっていて新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくく疲れやすい状態になっています。ストレスによる肩こりの解消にも運動は効果的です。

  予防策
運動を続ける事で全身の血流を改善し、日頃から肩こりを起こしにくい身体を作る事ができます。肩こりの予防では筋肉に負荷をかけるよりも、筋肉を動かす事に意味があります。
例えば、散歩やウォーキング、室内での屈伸運動では膝を伸ばす時に両手を上や前、横に伸ばす方法で肩の筋肉もほぐす事ができます。